トラネキサム酸を市販で格安に買いたい!

参考記事:トラネキサム酸が最安値の通販はこちら

顔のシミを美容皮膚科でとりました

若いころからたぶんあったように思いますが、目のわきに幅1cm位のシミがあり、35歳過ぎてから急にそれが気になって来ました。
おそらくシミが濃くなってきたので目立ってきて、気になってきたのだろうと自分で思います。しかし、メークをするときに、コンシーラーを塗ればまだ隠せるレベルだったので、それで対応していましたが、ある日、本当に自分のそのシミが嫌になりました。
それで、こういうことはお医者さんに相談しようと思って、インターネットで調べた美容皮膚科に行ってみました。たぶん、紫外線によるシミだと思いますがそれならレーザーなりなんなりで、取ることを考えていましたし、あるいは肝斑ならそれは多分無理なので、代わりに薬を処方してくれるだろうと考えて、両方の対応をしてくれそうな美容皮膚科を選びました。
診察の結果は、紫外線によるシミだということでしたので、その日のうちにレーザーでとってもらいました。費用は3万円くらいでした。
とった後の顔を鏡で見てみると、明らかに5歳は若返ったようです。これなら、もっと早くレーザーでとってしまえば、メークの時にあれこれ塗りたくらなくてもよかったですし、シミを見るたびに憂うつな気分になることもなかった、と思いました。
それ以来、大きなシミはありませんが、年齢的にこれからどんどんシミができてくると思います。そんな時には、あれこれ考えず、すぐに美容皮膚科に行って、レーザーでとってもらおうと思います。

油断禁物だった!若くてもシミ!

私はもともとの体質なのか、はたまた東北出身なのでその地域性なのか、周りから肌が綺麗だと言われてきました。
特に日焼けをすることもなかったので、周りの女の子たちが焼けるのを気にして日焼け止めを一生懸命に塗っている時も私は大丈夫だと塗ったことがありませんでした。実際、赤くなるだけで焼けなかったのですから。
なんて、余裕だったのもそのときだけ。
焼けなかったにしても、そのあとこんなことになるなんて…。

20歳を超えた頃、肌に異変が。
確かに20歳になると体の節々が痛くなるとか、傷が治りにくくなるとか、いろいろ聞いてはいたけれども…。
なんだか肌に茶色いシミがで始めたのです。
いつからで始めたのか、そこまで大きいものではないのですが、化粧ではなかなか消えない!
ビタミンがいいと聞いてサプリメントを飲んでみたり、チョコ○BBも試してみたけどやっぱりダメ。
うーん、手強い。
最初はそんなに濃くなかった化粧がどんどん濃くなっていきました。
以外とシミって化粧では隠しきれないんです。
コンシーラーを使い始め、ファンデーションの色が今までよりも濃くなり、厚さは増し。おかげさまで仕事やプライベートで男性と会ったときに初めの印象が年上に見られてしまうようになりました。「ファンデーション結構塗ってるねー。もしかして結構年いってる?」
いや!私まだ20前半なんですけども!泣

というわけで、現在もシミに効くと言われればとりあえず色んなものを試しています。

娘が顔のシミを引っ掻いてくる

まるで泣いている最中のような真っ赤な顔をして仕事や家事に奮闘しているのですが、こんな私の容姿を作り上げてくれたのは愛娘です。

幼稚園に入園したころから私の顔にできたシミが気に入らないらしく、暇さえあれば引っ掻こうとするのです。

私が起きている時間帯は手でガードできるのですが、昼寝していたりゴーグルを装着して仮想世界を楽しめるゲームに興じているときには引っ掻き攻撃を防ぎきることはできません。

子供にしては強い力で爪を立ててくるので、肌が荒れて困っています。

顔のシミさえなければ愛娘はイライラしないで済むのですが、こればかりは私の力で何とかなるものではありません。

そもそも何故顔のシミを憎んでいるのかを愛娘に聞いたことがあり、そのときには感動してしまいました。

結論から言えば、私の顔のシミは悪魔の化身だと思い込んでいるようなのです。

たしかに禍々しい模様を形作っているので、子どもからしてみれば恐ろしいものに見えるかもしれません。

つまり、私の体の中を知らず知らずのうちに蝕んでいる元凶が顔のシミというわけです。

毎日のように心因性の腹痛で苦しんでいるので、余計に愛娘を勘違いされているように思います。

そんな親思いの娘ですから、引っ掻き攻撃をすること自体が変だと考えるはずです。

実は、引っ掻き攻撃を受けている最中は体にシミの意識が憑依しているので、私は苦しんでいないと信じているのです。

突っ込みどころ満載の理由なので、一から十まで説明するのも面倒です。