風邪をひくとすぐに喉が腫れて痛くなり、トラネキサムを服用しました。

私は37歳女性、子育て真っ最中の専業主婦です。
私が困っていたのは、風邪をひくとすぐに喉が腫れて痛くなってしまう事でした。
腫れてしまうからか気道が狭くなる感じがして、咳してても苦しくて吐きそうになることも多かったのです。
風邪をひくとなかなか治らない上に喉の痛みが常にあって辛くてたまりませんでした。
そこで、お金もかかるし、と普段はほとんど自分の体調不良の時は病院に行かないのですが諦めて近所の内科に行ってきました。
診てくれたお医者様には風邪よりも、喉の痛みが辛くて何とかしたいです、と訴えました。
診てる時、あー確かに喉は赤く腫れてるね、これは痛いねとおっしゃいました。
すると、一応咳止めと鼻水出やすくするお薬と喉の炎症を抑える薬を出しておきますね、と言ってました。
その処方箋を持って薬局でもらったのがトラネキサム酸でした。
前からトラネキサム酸は美容関係のサプリに入っていたりしたので知ってました。
でも、なんでトラネキサム酸なんだろうと効能を読むと炎症を抑える働きがあると書いてありました。
なるほど、たしかに肌の炎症とか抑える働きがあるのだから喉にも良いのかと思えて喉の痛みが治るようにと祈りながらまじめに飲んでました。
使った感想は、トラネキサム酸は特に飲みにくいこともなくて続けられました。
喉の痛みも数日で良くなりました。
いつもなら風邪はもうほとんど治ったのにまだ喉の腫れがひかないな、と思って困っていたので、それに比べると格段に治りは早かったように思えました。
最終的に、私はその時はトラネキサム酸を摂取したおかげで喉の痛みは劇的に良くなって解決したので満足しています。
いつも私は特に喉が荒れやすいのを訴えて喉の炎症を抑える薬を多めに処方してもらっていたので、飲み続けられてしばらく喉は調子が悪くならずに済みました。
ちょっと喉に違和感があったらすぐにトラネキサム酸を摂取して早めに休むようにしていたのでそれが効いたのかもしれません。
トラネキサム酸についてアドバイスとしては、気管が狭い、喉が腫れてしまいやすいといった人にはなるべく早めにトラネキサム酸を処方してもらいに行くのが良いということです。
まだ大して喉の炎症が酷くなってない状態のうちにトラネキサム酸を摂取することで、それ以上に酷くならずに症状の改善ができます。
喉の炎症はあまり酷くなると呼吸するのも辛くなってしまいますから、なるべく早めにトラネキサム酸を飲むようにしましょう。