口内炎による炎症の痛みにトラネキサム酸の塗り薬を使いました。

初めまして、私は35歳の男性で、ヒロシと言います。
エンジニアのお仕事をしています。
35歳男性

私は度重なる口内炎による炎症の痛みに悩まされていた時期があり、
その際に歯医者さんで
トラネキサム酸が配合されている口内炎薬を処方してもらったことがあります。
もらった口内炎のお薬に炎症を抑える成分としてトラネキサム酸が配合されているものとされており、歯医者さんが言うにはこれで炎症を抑えてくださいとのことです。
この口内炎薬で効果が見られない場合、口腔外科に行って治療にあたったほうが良いのではないかというお話になりまして歯医者さんでもらったお薬を使用し治療をしました。
使った感想ですが、塗り薬でものすごく硬い薬でべたつきこそしませんでしたが、なんというかとても薬が固いのでなかなか口内炎がある場所に塗ることができなかったです。
何とか苦労しながら塗っていると、口の中の温度で薬が溶けたのでしょう伸びが良くなり患部にキレイに塗ることができるようになりました。
最終的にはそのお薬を使用して口内炎が治りましたので、市販の口内炎のお薬よりも炎症を治す効果が高かったのではないかと思います。
ただ、口内炎自体は治ったんですが、やはり、体が疲れたりした際、再度口内炎ができてしまい再度、歯医者さんを受診したら、前よりも規模が小さいとのことで違う薬になりまして現在は口内炎ができた際、かなり弱いお薬で治療をしています。
後、何故口内炎ができるかなんですが、これについても原因が特定できないため、わからないです。
とにかく、口内炎ができたらその都度治療すればいいじゃんというような感じで治療をしながら過ごしています。
最後にトラネキサム酸についてアドバイスですが、このお薬、錠剤だったり、チューブのお薬だったりと形を選ばずに存在します。
大半は炎症を抑える成分として配合されているのがトラネキサム酸ですので、大半は口内炎とか出血を伴うようなけがをした際にはみなさん、お世話になっているかと思います。
この薬、一度に大量に使用さえしなければ、副作用はないとのことですから結構歯医者さんだけに限らず、ほかのお医者さんでも使用しているお薬です。
痛みを抑えるというよりも炎症を抑えるお薬ですので、痛みが引いたということは炎症が収まったと考えてよいでしょう。
それほど恐れるようなお薬ではないですが、大量に使用すると危ないので、市販薬などでは普通ではそれほど多く主成分として配合されていないようです。