シミに働きかける美白成分

美白化粧品を使っても消えないシミに悩んでいませんか。

シミの種類にもよりますが、化粧品でシミが改善する可能性があります。

美白化粧品を使ってもシミが消えないのは、今あるシミに働きかける作用がないからです。

美白成分には、メラニンの生成を抑制する働きとメラニンを薄くする2つの働きを持つ成分と、メラニンの生成を抑制する成分があります。

美白化粧品を使ってもシミが薄くならない場合は、メラニンの生成を抑制する成分を配合していても、今あるシミに働きかける作用がないからかもしれません。

メラニンの生成を抑制し、メラニンを薄くする働きも持つ成分が、ビタミンC誘導体とハイドロキノンです。

ビタミンCは美白成分として有名ですよね。

しかし、不安定な物質で化粧品に配合しにくく、肌に塗っても浸透が悪い欠点があります。

その欠点を改良した成分がビタミンC誘導体です。

肌への浸透力が高く、肌に浸透するとビタミンCに変換されて働きます。

ビタミンC誘導体には水溶性、油溶性、水溶性と油溶性の両方の性質を持つものの3種類があります。

中でも注目されているのが、水溶性と油溶性の2つの性質を持つAPPSです。

従来のビタミンC誘導体よりも浸透力が高く、イオン導入でないと浸透しない肌の奥にまで届くといわれています。

ハイドロキノンは医師の指示がないと使用できない成分でしたが、薬事法の規制緩和によって化粧品にも配合されるようになりました。

医師の指示がないと使用できないということは、それだけ働きが強いということです。

化粧品には1~4%程度配合されています。

配合量が多いほど効果が期待できますが、多いほど刺激も強くなります。

1~3%ほどでは肌トラブルはあまり見られず、4%になると肌への刺激が強いです。

肌が弱い方は様子を見て使用してください。